読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭痛対策ラボラトリー

私は幼い頃からの頭痛持ちです。頭痛の辛さ、大変さは、なった人にしかわかりません。このブログでは今まで私が体験して来た事や、試してきた療法等について書き綴っていきたいと思います。また、少しでも頭痛に悩む方のお役に立てればと思っています。

軽視できない「疲れ目」から来る頭痛

【ただの”疲れ目”と

     侮らない方が賢明】 

 

f:id:hamikaeru:20170101010503p:plain

目は現代の生活においては”酷使”されるのが

当たり前になっています。テレビ、パソコ

 

ン、そして最近最も見すぎを注意されてい

るのがスマホですね。スマホは便利な分、

 

朝昼夜問わずしょっちゅう見てしまいます

から疲れ目の一番の原因にもなりがちです

 

。さらに手に持って見ているわけですから

目からの距離もかなり近い。気が付けば目

 

の奥が痛かったり頭痛がしたり。この「酷

使」している現状が続くとただの「疲れ目

 

」ではなく「眼精疲労」に移行してしまう

可能性があります。

 

【眼精疲労とは】

 

眼精疲労というのは目の疲れ、かすみ、目

の奥の痛みからくる肩こり、頭痛、吐き気

 

などの全身症状が休息や睡眠をとっても充

分解消しないほど重症化している状態の事

 

をいいます。疲れ目だからと何も対策をし

ないでいると、いつまでも解消しない、ど

 

ころか更に悪化するという事も考えられま

す。

 

【解消法は?】

 

<目を休める>・・・目を休めるというと

目を閉じる事をまず考えがちですが、凝り

 

固まった目の筋肉を休めるには遠くを眺め

る方が効果的です。遠くを眺めると目の筋

 

肉は緩みます。部屋の中で外が見れない場

合は天井の角の部分を眺めるだけでも効果

 

があります。

 

<目薬をさす> ・・・眼精疲労には特効薬

は無いようですが、ビタミン配合の目薬を

 

さすと楽になる事が多いようです。また、

眼精疲労の原因の一つと言われるドライア

 

イの予防には極力涙に近い成分の目薬が有

効とされています。

 

<メガネ、コンタクトの見直し>・・・こ

れは着用者のみ当てはまりますが、視力と

 

あまり合っていないメガネやコンタクトレ

ンズを着用しているとかえって目の負担に

 

なり「目の疲れから来る頭痛」も起こりや

すくなってしまいます。気になっておられ

 

る方は今一度のチェックをお勧めします。

 

<目を温める>・・・「酷使」された目は

凝り固まっている場合が多く、温める事で

 

血管が拡がり、循環が良くなり目の疲れが

解消してきます。方法としてはホットタオ

 

ル(タオルを濡らして絞ってレンジでチン

。加熱しすぎに注意して下さい)や市販の

 

温かいアイマスクが効果的です。ただし充

血や腫れには向きませんのでご注意を。

 

<目に良いとされる栄養を摂る>・・・速

効性はありませんが継続的に摂取すれば目

 

が疲れにくくなりますし、引いては目から

くる頭痛も起こりにくくなります。

 

*ビタミンB群・・・筋肉疲労の回復に一

役買うのがこのビタミン。目を覆う筋肉の

 

f:id:hamikaeru:20170101011421p:plain

疲労回復にももちろん有効です。主に豚肉

、レバー、豆類、貝類、青魚、海苔等に多

 

く含まれます。

 

*ビタミンA・・・目を正常な状態に保ち

、活性化させる働きがあります。不足する

 

と光を感じる力が衰えます。緑黄色野菜や

レバー、うなぎ、焼き海苔等に多く含まれ

 

f:id:hamikaeru:20170102001806p:plain

ます。但し、摂りすぎにはご注意を。

 

*ビタミンC・・・水晶体の透明度を保つ

には欠かせない栄養素。目の老化防止にも

 

貢献します。アセロラ、苺、緑黄色野菜、

柑橘類に多く含まれますが熱に弱いビタミ

f:id:hamikaeru:20170102002519p:plain

ンなので摂り方を工夫した方がいいかもし

れません。尚、じゃがいもに含まれるビタ

 

ミンCは加熱しても壊れにくいことがわか

っています。 また、酢を一緒に摂るとビ

 

タミンCの吸収効率がアップします。食事

で野菜や果物をあまり摂らない方はサプリ

 

メントやビタミンC配合の製品等で補うの

も良いですね。

 

アントシアニン・・・ 「見る」ために

必要不可欠なロドプシンが再合成するのを

 

助ける働きがあります。ブルーベリー、

カシス、ナス、プルーン、赤しそ等、主

 

には紫色、赤色の食べ物に含まれます。

 

 ルテイン・・・紫外線や活性酸素から

網膜を守る抗酸化成分です。疲れ目予防

 

、目の老化防止にも有効だとされていま

す。緑黄色野菜、特にほうれん草、ケー

 

f:id:hamikaeru:20170102011824p:plain

ルに多く含まれます。いっぺんに沢山摂

るのは難しいので青汁等を利用するのも

 

いいかもわかりません。このルテイン

多く含む食品を多く摂っている人程、白

 

内障、黄斑変性症を発症する確率が低い

という事が明らかになっています。

 

DHA・・・網膜、視神経に多く存在し

、不足すると視力低下の原因になる事が

 

わかっています。血液をサラサラにする

栄養素としても広く知られています。

 

マグロ、鯖、イワシ、サンマ等青魚に多

く含まれます。

 

f:id:hamikaeru:20170102012104p:plain

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ーー・ー・

 

 これらの栄養素は目のためだけでなく体

全体にも必要不可欠なものです。しかし

 

食べ物だけで全ての必要な栄養素を不足

なく摂るのは難しいのでサプリメント

 

利用するのもいいかもしれませんね。し

かしあくまでも食べ物+サプリメント

 

いう摂り方がいいかと思います。

 

【急な目の痛みを伴う頭痛には

          御注意を】

 

 普段、疲れ目や目の奥の痛み、それに伴う

頭痛を感じている方は少なからずおられま

 

すが、見落としがちになるのが「緑内障

よる頭痛」です。緑内障というのは目の中

 

の水分や血液の循環が悪くなる事によって

視神経の細胞が死滅していき、視野が欠け

 

たり最悪の場合失明してしまう事もある目

の病気です。緑内障は自覚症状がない場合

 

が多いのですが中には目の痛みを伴う頭痛

を訴えるケースがあります。そのような場

 

合には片目ずつ視野の検査をし、「欠け」

が見つかった場合は速やかに眼科で受診す

 

ることをお勧めします。検査の仕方は、真

っ直ぐ前を向いて片目を片手で隠し、もう

 

片方の手は人差し指だけを立てた状態にし

、視野の端から端までまんべんなく動かし

 

、スッと見えなくなる点はないかをチェッ

クします。この時目は動かさず真っ直ぐ前

 

を見たままにしておいて下さい。

 

「視覚異常を伴う頭痛」としては「閃暉暗

点」も考えられますが、閃暉暗点の視覚異

 

常は30分程でおさまります。しかし緑内

障の視覚異常は残念ながら元には戻りませ

 

ん。気が付かれた時は速やかに眼科を受診

して下さい。

 

【まとめです】

 

 現代の目を酷使する生活では「疲れ目」

から「眼精疲労」に移行する可能性が高い

 

「眼精疲労」とは・・・目の疲れ、目の

奥の痛みから来る頭痛や肩こり、吐き気等

 

の全身症状が、睡眠や休息をとっても充分

に回復しない状態にまで重症化している状

 

態の事。

 

「眼精疲労」を「ただの疲れ目」と勘違

いして放置しているとますます悪化してし

 

まう可能性がある。

 

*解消法としては・・・

 

<目を休める>・・・目を閉じるより極力

遠くを眺める方が効果的。

 

<目薬をさす>・・・疲れ目や眼精疲労に

はビタミンB群配合のものが、またドライ

 

アイには極力涙に近い無添加のものが良い

 

<メガネ、コンタクトの見直し>・・・目

とあまり合っていないものを装着している

 

とかえって目の負担になり「目の疲れから

来る頭痛」になりやすいので気になる人は

 

今一度チェックをしてみてはどうでしょう

か?

 

<目を温める>・・・酷使された目は筋肉

が凝り固まっている場合が多く、温めると

 

血液の循環が良くなり目の疲れが解消して

きます。方法はホットタオル(タオルを濡

 

らして絞ってレンジでチン)や市販のホッ

アイマスクがある。

 

 <目に良いとされる栄養を摂る>・・・即

効性はないが継続的に摂れば目が疲れにく

 

くなり、疲れ目による頭痛も起こりにくく

なる。

 

ビタミンB群・・・目の疲れの解消に良

い。

 

(豚肉、レバー、豆類、青魚、海苔等)

 

ビタミンA・・・目の活性化に役立つ。

(緑黄色野菜、レバー、鰻、焼き海苔等)

 

ビタミンC・・・水晶体の透明度を保つ

のに必要不可欠な栄養素。目の老化防止に

 

も重要。(柑橘類、緑黄色野菜等)

 

アントシアニン・・・「見る」ために必

要不可欠なロドプシンを再合成するのを助

 

ける働きがある。

 

(ブルーベリー、カシス、ナス、プルーン

等、赤色や紫色のものに多く含まれる)

 

ルテイン・・・紫外線や活性酸素から網

膜を守る抗酸化成分。目の老化防止には欠

 

かせない栄養。

 

(緑黄色野菜、特にほうれん草、ケールに

多く含まれる)

 

DHA・・・網膜、視神経に多く存在し、

不足すると視力低下につながります。

 

 ・急な目の痛みを伴う頭痛には注意・

 

 疲れ目や目の奥の痛みに伴う頭痛を感じ

る時、もし視覚に異常があれば緑内障

 

疑いがあるので注意が必要。ものが欠け

て見える部分がある場合、すぐに眼科に

 

行って診てもらわないと最悪の場合、失

明に至るおそれがあります。

 

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

現代の生活では「目が疲れる」事から逃

れることはほぼできません。しかし症状

 

が重くなる前になんとか対策をする事で

慢性頭痛や全身の倦怠感に移行してしま

 

うのを防ぐ事は可能です。目薬や食事、

サプリメント等を上手く活用し、痛みの

 

ない快適な毎日を過ごしましょう。

 

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。